アートのための祈り




“アートのための祈り”は、僕が絵を描く前にするお祈りの言葉です。祈りによって、絵を描く姿勢を整えています。生の意味など知らないけれど、それが分離された孤独なものなら、存在を消して欲しいと願い、もし統合された一つの愛であるなら、永遠であって欲しいという願いを込めています。

永遠に孤独な魂なら、消えてしまった方が良い。
統合された一つの魂なら、それが永遠であって欲しい。
「どうか愛と永遠に一つになれますように」


Keisuke Fukase.

A Course in Miracles: lesson 365

絵を描く前は、A Course in Miracles[奇跡の講座]レッスン365も一緒に祈っています。

This holy instant would I give to You.
Be You in charge.
For I would follow You, Certain that Your direction gives me peace.

聖霊、この聖なる一瞬をあなたに捧げます。
あなたに、お任せします。
わたしは、あなたの指示がわたしに平和をもたらすと確信して、あなたについていきます。


And if I need a word to help me, He will give it to me. If I need a thought, that will He also give. And if I need but stillness and a tranquil, open mind, these are the gifts I will receive of Him. He is in charge by my request. And He will hear and answer me, because He speaks for God my Father and His holy Son.

もしわたしを助けるために言葉が必要なら、聖霊はそれをわたしに与えてくれるでしょう。もし、ある思いが必要なら、聖霊はそれもわたしに与えてくれるでしょう。そして、もしわたしに静けさや、穏やかで開かれた心が必要であれば、それが、わたしが聖霊から受け取ることになる贈り物です。聖霊が先導してくれるのはわたしが頼んだからです。聖霊は、父なる神と聖なる神の子を代弁するので、わたしの頼みを聞き応えてくれます。